銀行からお金を借りる方法を教えて下さい

銀行からお金を借りるためにはローンの契約をしなくてはなりません。

銀行はさまざまなタイプのローンを提供しています。
住宅ローン、ブライダルローン、マイカーローン、フリーローンなどです。

フリーローン以外は全て目的があるローンです。
目的があるローンはそれ以外に利用することができません。
目的のあるローンは見積りを銀行に提出しなくてはならず、一度借りると追加での融資ができないタイプのものです。

フリーローンは使用使途自由のローンです。
お金の借り方に「キャッシング」もありますが、機能的にはほとんど一緒のものです。
フリーローンは限度額内であればいくらでも返済と借入を繰り返すことができる「極度型」の商品です。

まず銀行からお金を借りる場合はどのタイプの商品を契約するか選択しなくてはなりません。
目的があるローンの場合、フリーローンと比較すると金利が低くなっているタイプのものがほとんどです。

契約したい銀行に目的にあったものがあれば、目的のあるローンを組んだほうが借入コストを抑えることができます。

フリーローンは生活の決済に利用できますが、事業性資金として利用することは禁止されています。
事業で利用する場合はビジネスローンがありますので、そういった商品を契約しましょう。

銀行の借入は総量規制の対象外となっているので、大きい限度額での契約も可能です。

しかし、審査が消費者金融と比較すると厳しいため、申し込みをするときに自分の信用力を考えて銀行を選ばなくてはなりません。

審査に落ちてしまったから次の銀行、というように複数の申し込みをしてしまうと、申し込みブラックという状態になってしまい、通る審査も通らなくなってしまうためです。

また即日融資に対応している金融機関は少ないので、すぐに資金が必要な場合は消費者金融を選んだほうが良いこともあります。
収入証明の提出が必要になる限度額は高く設定されていますが、申込書に記載した内容によっては証明書を求められることがあります。

いつでも提出できるように手元に用意しておいたほうが契約がスムーズに行きます。