お金を借りるときに必要なものを教えてください

急にお金が必要になり申し込みをしたのに、必要なものを忘れたり確認に時間がかかってしまい融資が遅れては大変なことになります。
申し込みの前にしっかりと準備をしておくようにしましょう。

お金を借りる時に絶対に必要なものは、まず身分証明書と印鑑です。
ただし、印鑑はスタンプタイプは使えないので、認印や三文判を用意します。

身分証明書は、運転免許証や健康保険証、住民票が使えます。

50万円以上のお金を借りたい時には、収入を証明する書類が必要になります。

所得証明書や源泉徴収票、給与明細書をあらかじめ用意しておきます。
収入証明が必要ないキャッシングやカードローンもあるため、申し込み前に確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードや携帯電話、公共料金の未納や遅延があると審査に通りづらくなるので、こちらも確認をします。

収入がない専業主婦が申し込む時に必要なものは、収入がある配偶者の同意書と収入を証明する書類が必要になります。
また、借りる人と配偶者の家計が同じであることを証明する、住民票などの書類も提出しなければなりません。

収入証明などは請求してから数日しないと受け取れないので、お金を借りたいと思ったら早めに請求するようにしましょう。

どうしてもお金を借りることを配偶者に知られたくないという場合は、銀行カードローンの専業主婦専用枠を利用することをお勧めします。
大きい金額を借り入れることはできませんが、収入証明は必要ありませんし、配偶者の働いている会社へ在籍確認の電話もありません。

即日融資可能という会社でも、インターネットで申し込みをすると、カードが送られてくるまでお金を借りられないこともあります。
緊急にお金を借りたい時は、即日融資ができる会社かを確認し、書類を間違いなく用意した上で、消費者金融や銀行カードローンの店舗か無人契約機に行くと良いでしょう。

審査に通れば、その場ですぐにカードが発行され融資が受けられます。